リフォーム・建替えの渡辺忠雄工務店:市川市 の トップページへ戻る

今回の住まいの快適コラムは、寒い冬を快適に過ごせる「床暖房」のご紹介です!

季節の移り変わりを楽しむのが、四季のある国「日本」で生活している醍醐味ではありますが、苦しい思いや面倒な思いは出来れば避けたいものですよね。
毎年寒い季節が近づくと暖房器具の出番ですが、出し入れも大変ですよね。
しかし、もう面倒な冬支度にサヨナラできる!それが「床暖房」です。

床暖房に関する費用施工期間などまずは渡辺忠雄工務店に相談下さい!

1.床暖房について

床暖房には、電気式とガス式がありますが、
電気とガス、熱源はどちらが「良い」ですか?
これは、お客様によく聞かれる一つです。


■ 見た目に電気式とガス式に差はありません。
■ 電気式とガス式共に、フローリング、畳、ジュータンの他にタイルでも
  床暖房を取り入れることが出来ます。
■ 電源を使用するので、停電時にはガス式であっても、使用することは
  できません。

答えは・・・ケースバイケースなのです。


電気式
電気式  

床下に薄いシート状の物を敷きこんでからフローリング材などを施工していきます。



ガス式
ガス式  

温めたお湯が走る細いパイプを挟んだシート状の物を床下にしいてから床材を施工していきます。


費用

一般的に導入資金(イニシャルコスト)と運営資金(ランニングコスト)の関係は以下のようになります。


電気

ガス

導入資金(イニシャルコスト)

比較的安い

比較的高い

運営資金(ランニングコスト)

比較的高い

比較的安い

設置後の変化

契約アンペア数が上がる場合が多い。

専用の熱源を屋外に設置する。


床暖房の使用時間が長い場合ガス式をお奨めすることが多くなります。
◆キッチンなど部分的にしか使用がなく、短時間での使用が多い場合は
  電気式の方がお得な印象を受けることになります。
◇運転開始してから、暖かさを感じるまでの時間がガス式の方が早く感じる方が
  多いようです。


メリット・デメリット

床暖房の気になるメリット・デメリットをご紹介


メリット

・季節による準備や片付け等、出し入れの面倒がない
・給油など使用に際してのメンテナンスがない
・タイマーを使うと、早朝や深夜の底冷え感がなくなる。
・電源コードにひっけ転倒や、ヤケド等の危険性がない
火を使わないので、火災の心配がない(結露が発生しにくい
・施工した場所は全面が均等に暖かいので、場所ごとの
  温度のムラがない
・一般的な床材と同じお掃除方法でよい
フローリングザ材のほか、畳、ジュータン、クッションフロア、タイル
  などさまざまな種類の床材で採用できる。
・機材を仕舞わないので、納戸のスペースを占めることがない
・全体的に暖かくなるので、寒い季節でも行動的になる。
風を起こさないので、ホコリが舞うことがない
・運転音がないので静か



ちょっとした、デメリット

・コタツを出さないので、冬っぽくない
・床の方が暖かいので、床でゴロゴロして思わずスリスリしてしまいます
・タイマー運転をしない場合は暖まるのに時間がかかる
・ストーブの上でコトコト煮物を作る楽しみはなくなる


・新築住宅の場合は、床暖房はお勧めする設備の一つとなっています。
・リフォ―ムの場合でも、対応出来る場合が多くありますので
  床暖房に関する費用施工期間などまずは相談してみて下さい





住宅のことでご相談、お気軽にご連絡ください!
お問合せは、メール・お電話にて受け付けております。
【TEL】047−372−7555
【メール】お問合せ





資料請求 お問合せ