リフォーム・建替えの渡辺忠雄工務店:市川市 の トップページへ戻る

リフォームと建て替えのメリット・デメリットを比べてみました。

リフォーム
評価リフォーム
 メリット

・愛着のある建物を壊さなくてもよい。
・新築と比べ、工事期間が短くて済む。
・仮住まい、引越しが必要無い(状況により稀に必要になります)。
・諸費用も含めた総予算が建替えと比較して低額で済む。
・無理無い予算に合わせてリフォームの内容を選択できる。
・内外装とも新築同様になる。
・各種税金が軽減できる。(不動産取得税、固定資産税、都市計画税、登録免許税)

 デメリット

・既存建物の構造によっては、間取りなどが自由にならない場合もある。
・基礎、柱、梁などの主要構造を変えない場合、家の強度に不安が残る。
・構造補強を含めたフルリフォームは、新築より高額になる場合がある
・シロアリ被害など、後から必要と判断されるリフォームがあると、費用が高くなる。

建て替え
評価建て替え
 メリット

・間取りや設備など現在ある不満点のほとんどが解決できる。
・構造も含めた行政のお墨付き(検査済証)がもらえ、安全、安心である。
・リフォームに比べ、比較的容易に多額のローンが組める。





 デメリット

・愛着のある建物を解体することが前提となる。
・建築費が高額になる。
・仮住まい、引越しが必要となり面倒である。
・工事期間が長い
・各種税金がかかる(不動産取得税、固定資産税、都市計画税、登録免許税など)




メリット・デメリット主な比較点は金額・期間・自由度の3点です。
次はその3点についてさらに詳しく説明します。



金額 金額

建て替えの場合は建物を一度全部壊し、基礎などの土台から新しく作り変えますので、解体工事費や廃材処理費用、建て替え中に住む仮住まい費用に引越し×2回分、それと建物の登記や申請等の費用等々、何かと費用がかかります。

一方リフォームの場合は、よほど大規模なものでない限りは、諸費用等に関しては建て替えとは比較にならないくらい安いでしょうし、ほとんど工事費のみで済んでしまうでしょう。


しかし、これは家の一部をリフォームする場合であって、劇的ビフォー○○等のような大規模リフォームの場合や耐震などの構造補強を含めたフルリフォームの場合は、当然仮住まい費用や引越し費用等もかかりますし、工事費もそれなりにかかると思いますので注意はしておきましょう。

またリフォームの場合は、基本的には現在あるものを有効活用するので、
水廻り(キッチン・浴室・トイレ)の移動や、電気設備の移動、構造上必要な壁・柱の撤去、階段の移動、窓の移動等々
現在ある場所から別の場所に移動するなどの間取り変更に近いものは、どうしても費用がかさみます。



自由度 自由度

金額のところにもちょっと書きましたが、リフォームは現在あるものを有効活用するものなので、間取りに関してはある程度限られてくるようです。

壁や柱を取り払ったら、構造を考えて補強するところは補強しなくてはいけないですし、水廻りの移動等は配管等から全部移動させないといけないです。

とはいえ、それはあくまでも安く済まそうという場合だけであって、絶対に出来ないわけでもないですし、むしろ何だって出来ます。単純に多少費用がかさむというだけです。


しかし多少費用がかさむとはいっても、家で不満のある一部をちょっと移動させたいとかくらいなら、建て替えと比べれば全然安く済みます。



 期間

建替えは何度も記載しましたが、一度全部壊し、新しく作り変えますのでどうしても期間が掛かってしまいます。2〜5カ月
トイレリフォームリフォームの場合は、大小ありますがOne Dayで出来るものもあれば、数週掛かることもあります。




リフォーム or 建て替え 判断時期

築年数が○○年以上なら、建て替え!とかという基準は特にないそうで、むしろ年数よりも建物の構造体自体がどれくらい傷んでいるか?が重要なポイントになります。

例えば地盤が弱く、家が傾いているとか、基礎にヒビやゆがみが入っているとか、柱が腐っているとか、シロアリ被害が甚大とかです。
このような場合は、有無をいわさず建て替えを選択したほうが良さそうです。



リフォームに適している家、適していない家

現在住んでいる家の工法によってもリフォームに適しているか、適していないかが分かります。

 木造軸組工法(在来工法)
柱や梁自体で強度を確保しているので、壁なども抜きやすく大規模増改築も可能という、一番リフォームしやすい形です。

 ツーバイフォー工法
壁自体で強度や耐震性を確保しているので、壁に穴を開ける等の変更は、強度や耐震性のことを考えても難しいようです。どちらかといえばリフォームしにくい家だと

 鉄筋コンクリート(RC)造
鉄筋入りコンクリートで作られた建築物なので、構造体自体の壁を抜いたりとかいう工事は難しいそうです。しかし、間仕切壁は自由に移動出来るようなので内部のリフォームは得意です。



渡辺忠雄工務店の施工事例をご覧ください
資料請求 お問合せ