リフォーム・建替えの渡辺忠雄工務店:市川市 の トップページへ戻る

日本住宅新聞 2015年1月5日 第1760号 1

2015年1月5日 第1760号の日本住宅新聞に、渡辺忠雄工務店の施工例3件が掲載されました。


完全バリアフリーの家

門扉の先に、スロープのアプローチと階段を設置。車椅子でも楽に出入りできるよう、引き戸の玄関とした。玄関たたきは、框の段差も解消。室内も完全フラットのバリアフリー設計となっている。
3枚引きの引き戸とした浴室は、縦手摺、横手摺、L型手摺を適所に設置。トイレのドアは内側からでも外側からでも押して開けることができる。


ショールームのような家

こだわりの設備が満載の対面式フルフラットキッチン。浴室、トイレ、洗面化粧台をはじめ、某メーカー品を多用した物件。「ショールーム化する」というのは施主の言葉だ。
家の中心はキッチンで、リビングや畳コーナー、内階段、ウッドデッキ越しに玄関が見える。
施主は、施工工務店の協力業者社員。「協力業者の方の家を建てさせていただくことは光栄」・・・


開放感のある家

大胆なガラス張りの玄関は、サンルームのような明るさ。遮光ロールカーテンを下ろせば、目隠しにもなる。
玄関の先にあるリビングダイニングは、大きな吹抜けがある伸びやかな空間。縦と横の広がりを感じることができる。
キッチンの大きな窓ガラスも印象的。リビングからの視線が抜けるように設計された。


記事詳細はこちらからクリックで拡大します下
日本住宅新聞 2015年1月5日 第1760号 2日本住宅新聞 2015年1月5日 第1760号 3

資料請求 お問合せ
2014年12月5日 第1757号の日本住宅新聞に「私の工務店」の記事で渡辺忠雄工務店が掲載されました。

リビング
市内・地域密着の気軽に相談できる地場工務店として取材を受けました。以下、取材概略になります。

・高齢者でも歩いて来場できる場所で
9月にホームページをリニューアルし、活動エリアを、それまでの広域から市内に限定した...
相談会などのイベントは町内に多い高齢者でも気軽に参加できるよう、徒歩でも来場できる駐車場で行っている。


・27年連続で開催中「お客様感謝デー」
毎年10月に「お客様感謝デー」を開催、同イベントのチャリティーバザーの売り上げは、
地元自治会に寄付。会場、来場者、収益などに関連するすべてが、地域というキーワードでつながっている。

・危惧しているのは耐震に対する意識
東日本大震災の時に比べ、耐震に対する意識が薄れてきている。
行政は耐震化を進めたいと言っているが、お客さんの意識がそっちに向いていないのでは...

・住宅の高性能化は今はもうあたりまえ
渡辺忠雄工務店の新築は、長期優良住宅、ゼロエネ住宅といった高性能住宅が標準仕様になっている。

記事詳細はこちらからクリックで拡大します下



資料請求 お問合せ